ハイスピード工法による地盤改良工事、地盤調査なら神奈川県横浜市のソフトサイエンスへ!

お問い合わせ

工法紹介
Results

薬液注入工法

薬液注入工法は、軟弱な地盤や水分を多く含む地盤中に、注入管を通して薬液を注入し、土粒子の間隙を埋めることで、地盤の強度を高めたり浸透性を減少させる工法です。主に、掘削の安全を図る為の補助工法として用いられます。薬液とは固まる時間を調整できる材料であり、当社では地盤や目的にあわせて、水ガラス系薬液を主体に数種の硬化剤、助剤を添加するものを使用しています。

二重管ストレーナー工法(複相式)

二重管ストレーナー方式 複相式とは、グラウトを二重管と特殊な先端装置を用いて行う2ショットの注入方式で、瞬結性の一次注入は、注入対象地盤内の粗間隙を充填し、緩結性(浸透性)の二次注入により均質な固結体を形成しながら、止水強化を図ります。

特徴
・瞬結性注入材でロッド周辺をシールするため、ロッド周囲からの注入材の逸出は少ない。
・砂質土に対して、浸透注入が行える為比較的均質な浸透効果が得られる。
・互層地盤に対して層境等を瞬結性注入材により処理しているため、比較的良好な改良効果が得られる。地盤変状が少なく、構造物に対して影響が少ない工法。
用途
地盤強化、止水

ダブルパッカー工法

φ100mm程度の孔径にて所定深度まで削孔し、注入外管、建て込み周囲をグラウト材で固めて養生した後、注入外管の中にダブルパッカを装着した注入管を建て込み、セットして注入改良を行います。

特徴
・注入材を所定の位置、一定の範囲、均一に注入が可能。
・同一箇所において異なった種類の注入材を繰り返し注入材することが可能。
・削孔と注入の作業工程を分離して進めるため、作業の省力化・簡易化を図れる。
・浸透注入を行うため、地盤変状が少なく構造物に対する影響が少ない工法。
用途
地盤強化、止水

高圧噴射工法

高圧噴射工法は、地中に挿入したロッドの先から、セメント系の硬化材などを噴射する工法です。圧縮空気を利用して横方向に噴射させて地盤を切削し、さらにロッドの回転と引き上げによって、地盤内に円柱状の固結体をつくりあげていきます。あらゆる地盤に対応できる事はもちろん、設備的にもコンパクトで済むという利点があり、施工条件の限られた狭い場所でも十分に施工できます。また、騒音や振動も低く、周辺の建物への影響が少ないことも大きなメリットになってます。

高圧噴射攪拌工法(二重管工法)

JSG(Jumbo Jet Special Grout)工法
JSG工法は、二重管の先端から圧縮空気を伴った超高圧硬化材を地盤中に回転して噴射させ、地盤を切削すると同時に、地盤と硬化材を攪拌混合して直径1m~2mの円柱状の固結体を造成する工法です。あらゆる土質と施工目的に対応し、安価で品質の高い改良ができます。

用途
1. シールド発進、到達部の改良
2. 開削底盤のヒービング防止
3. 立坑底盤のボイリング防止
4. 土留欠損部防護
5. 構造物の基礎強化
6. 既設構造物の支持力増強及び防護
7. 液状化対策

高圧噴射攪拌工法(三重管工法)

CJG(Column Jet Grout)工法
CJG工法は、三重管ロッドの先端に装着したモニターから、圧縮空気を伴った超高圧水を地盤中に回転して噴射させて地盤を切削し、そのスライムを地表に排出させる事によって地中に人為的に空間を造り、その中に硬化材を充填させ固結体を造成する工法です。地中にできた空隙に硬化材を充填するので、所定の範囲に固結体を確実・安全に造成する事ができます。あらゆる土質と施工目的に適応し、安価で高品質な改良ができます。

用途
1. シールド発進、到達部の改良
2. 開削底盤のヒービング防止
3. 立坑底盤のボイリング防止
4. 土留欠損部防護
5. 構造物の基礎強化
6. 既設構造物の支持力増強及び防護
7. 液状化対策

超大口径高圧噴射攪拌工法(二重管工法)

Superjet-Midi工法
Superjet-Midi工法は、特殊整流装置を内蔵した水平対向ジェットモニターと超高圧スラリーポンプを用いて、先端ノズルから超高圧・大流量のスラリーを噴射させ、最大直径3.5mの超大型パイルを短時間で造成する工法です。

特徴
1本当たりの施工面積が、従来工法に比べ約3倍となり、工期の短縮と大幅なコストダウンが図れます。 最小限度のセメントスラリー量で、高効率の施工を実現。 従来工法に比べ、産業廃棄物となるスライムの量を大幅に削減できます。 強力なジェット噴流を水平対向に噴射し、切削と充填を同時に行う事で、従来工法の十数倍の高速度で高品質な施工を実現します。
用途
1. シールド発進、到達部の改良
2. 開削底盤のヒービング防止
3. 立坑底盤のボイリング防止
4. 土留欠損部防護
5. 構造物の基礎強化
6. 既設構造物の支持力増強及び防護
7. 液状化対策

超大口径高圧噴射攪拌工法(二重管工法)

Superjet工法
Superjet工法は、特殊整流装置を内蔵した水平対向ジェットモニターと超高圧スラリーポンプを用いて、先端ノズルから超高圧・大流量のスラリーを噴射させ、最大直径5mの超大型パイルを短時間で造成する工法です。

特徴
1 本当たりの施工面積が、従来工法に比べ約3倍となり、工期の短縮と大幅なコストダウンが図れます。 最小限度のセメントスラリー量で、高効率の施工を実 現。 従来工法に比べ、産業廃棄物となるスライムの量を大幅に削減できます。 強力なジェット噴流を水平対向に噴射し、切削と充填を同時に行う事で、従来 工法の十数倍の高速度で高品質な施工を実現します。
用途
1. シールド発進、到達部の改良
2. 開削底盤のヒービング防止
3. 立坑底盤のボイリング防止
4. 土留欠損部防護
5. 構造物の基礎強化
6. 既設構造物の支持力増強及び防護
7. 液状化対策

基礎工事

場所打ち杭(大口径ボーリング工法)

BH(Boring Hole工法)
BH工法は、Boring Hole工法の略称で、強力な動力を持つボーリングマシンを使用し、ロッド先端のビットを回転させ掘削する工法で、掘削時には安定液を使用し、掘削終了後はスライム処理を行い、場所打ちコンクリート杭を築造します。施工機械が小型なため、狭い場所での施工が可能です。他の機械工法では望めない優れた多くの特長を持ち、堅実な工事と高い能率が認められ、広範に普及し、多くの工事実績を残しています。

特徴
・どのような地層でも掘削可能
・鉛直精度が高い
・掘削能率が高く、工事コストが低減できる
・機械装置がコンパクトで、狭い場所でも施工できる
・低騒音、低振動で施工可能
用途
場所打ち杭、既製杭・H鋼杭の建て込み、鋼管杭の中堀、地すべり対策工事、大口径水井戸

管路更生工法(製管工法)

ダンビィー工法
ダンビィー工法は、硬質塩化ビニールの強靭な帯板(ストリップ)を既製管内面にスパイラル状に巻立て、嵌合用部材(ジョイナー)を使い製管します。既設管との空隙に充填材を注入することで既設管と更生部材が一体化し、スピーディーに大口径管渠を蘇らせる工法です。

特徴
レベル2地震動時にも、ジョイナーが追従・変形し水密性を確保します。当工法で更生した管は、硬質塩化ビニール管と同等の粒度係数を確保しています。このため断面縮小を最小に抑え、流化能力を低下させることはありません。独自の嵌合構造と充填材の組み合わせにより、高い耐圧水圧・外水圧強度を確保し、高い水密性を発揮します。また、硬質塩化ビニール製のストリップとジョイナーは、耐薬品性や耐摩耗性にも優れています。
用途
大口径管路(円形・短形・馬蹄形)

ポリリング工法

ポリリング工法は、耐久性・耐薬品性に優れた高密度ポリエチレン製の帯状ライニング材を、シールドトンネル内でリング状に成形・連結し、鋼製セグメントの二次覆工材といて用いる薄肉二次覆工工法です。

特徴
従来のコンクリートによる二次覆工に比べ薄肉のため、シールドの一次覆工径を200~400mm縮小できます。掘削断面の縮小と二次覆工の工期短縮によって、シールド施工費のコストダウンが図れます。ライニング材は、硫化水素などに対し優れた耐久性を発揮します。二次覆工の困難な急曲線部のみといった部分施工も、問題なく施工可能です。
用途
・薄肉二次覆工(急曲線部の部分施工)
・耐食性、耐摩耗に優れた下水道管路の築造

井戸設置工事(ボーリング工法)

大口径のボーリング工事の得意な弊社では、どんな地層でも短時間に掘削可能。現在は、工業用地下水観測用の20m~50mまでの大口径の深井戸の設置を行っています。ボーリングマシンを使用することで大幅に作業時間の短縮を行い50m程であれば1日で設置可能です(井戸仕上げには数日かかる事もあります)。今後は小規模設備による、浅井戸を一般家庭用に普及していきたいと思います。