ハイスピード工法による地盤改良工事、地盤調査なら神奈川県横浜市のソフトサイエンスへ!

お問い合わせ

地盤調査
Investigation

地盤調査について

地盤にどのような施工が必要なのか、または必要ないのかを知るには、まずは地盤の状態を知らなくてはいけません。
地盤の状態を知るには、地盤調査が必要です。当社では地盤調査もおこなっており、簡易的なスウェーデン式サウンディング試験とボーリング調査、平板載荷試験をおこなっています。お気軽にお問い合わせください。

スウェーデン式サウンディング試験

構造
調査の様子

スウェーデン式サウンディング試験は、北欧スウェーデンの国有鉄道が路盤の調査で採用し、その後スカンジナビア諸国で広く普及した調査方法です。日本でも現在最も多く採用されている調査方法であり、調査時間半日程度の簡易的な調査方法で、費用も比較的安価です。

【調査方法】

  • 敷地の四隅の調査ポイントに、スクリューポイントが取り付けられたロッドを鉛直に設置します。
  • ロッドには最初5kgの荷重を掛けます。スクリューポイントが地中に貫入しない場合、15kg、25kg、50kg、75kg、100kgの順に荷重を増やしていきます。途中で沈んだ場合、その重さと貫入量を記録します。
  • 100kgの荷重をかけても貫入しない場合は強制的にロッドを貫入させます。ロッドを25cm貫入させるのにハンドルを何回転させたかを記録します。

ボーリング調査

正式名称はボーリング・標準貫入試験といい、ボーリング孔を利用して1mごとの地盤の硬さを測定する調査方法です。この測定方法を標準貫入試験といい、標準貫入試験によって得られるデータをN値といいます。
標準貫入試験は構造計算書を必要とするような、比較的規模の大きい建物を建てる際に実施され、深く硬い層でも掘り進むことができます。

平板載荷試験

調査の様子

平板載荷試験は、地盤面に対し載荷板を設置し、ジャッキで荷重をかけていき、沈下量から支持力を求める調査方法です。一般的に、路盤や路床の支持力を評価する際におこないます。

地盤調査のよくある質問

Q. なぜ地盤調査が必要なのですか?
A. 日本は地球上にある十数枚のプレートのうち4枚のプレートの衝突部にあり、地殻の変動が活発です。日本列島はこの地殻の変動や自然災害などにより地形が複雑に変化しており、不安定な地形・地質となっています。このため、地盤改良が必要なケースが多く、建物を建てる前に地盤の状態を知るために地盤調査が必須となっています。

Q. 地盤調査にはどのような調査方法がありますか?
A. 地盤調査には、簡易的で住宅などの狭小地でも調査が可能なスウェーデン式サウンディング試験と、構造計算書を必要とするような比較的大規模な建物の建設用地で実施するボーリング調査などがあります。当社では地盤調査も承っており、敷地の大きさや建物の規模により適切な調査方法を選択しています。

Q. 調査にはどの程度の時間がかかりますか?
A. 調査方法や環境により調査時間は異なりますが、住宅地の調査であれば半日程度で調査終了となります。

お問い合わせフォーム