ハイスピード工法による地盤改良工事、地盤調査なら神奈川県横浜市のソフトサイエンスへ!

お問い合わせ

地盤改良工事
Improvement

HySPEED工法について

2003年1月1日より適用された土地評価に関する方針で、土地を鑑定する際、「土壌汚染」や「埋設物」の有無を確認されます。もし、土壌汚染や埋設物が発見されますと、土壌汚染の浄化費用および埋設物の撤去費用が差し引かれてしまいます。従来の工法はセメントや鋼管杭を使用しており、土地評価の際に浄化費用や撤去費用が必ず必要となります。その点、HySPEED工法なら石柱は天然砕石100%で土壌汚染もなく、埋設物にも該当しないため、土地の資産評価にも影響がありません

既存の地盤改良工事の土壌汚染にご注意ください
既存のセメント系地盤改良では、人体に悪影響を及ぼす発ガン性物質「六価クロム」の発生率が高くなります。すべてのセメント系地盤改良材で六価クロムが発生するというわけではありませんが、一定の条件を満たした時、六価クロムが発生しやすくなります。

HySPEED工法の特徴

1. 地震時の衝撃に強い
砕石パイルと現地盤で、複合的に面全体で建物を支えるので、安定した強さがあります。
2. 環境貢献工法
天然の砕石しか使わないので、土壌汚染や環境破壊による周辺地域への悪影響を起こしません。つまり住む人の健康被害を起こしません。
3. 産廃費用が発生しない
産業廃棄物(コンクリート、鉄パイプ)として扱われないので、将来取り除く必要ありません。
4. リユースで地球に貢献
将来家の建て替えをするときも、同程度の家であれば繰り返し使えます。
5. 液状化対策工法
地震時の液状化をドレーン効果(排水効果)により抑制します。
6. パーフェクトな工事保証
日本大手保証会社の認定工法です。
7. CO2を5000kg削減
砕石しか使わないことにより他の工法に比べCO2の排出を少なくします。
※平均的な住宅(建坪20坪程度)1戸分の施工で5000kg削減。
8. 無公害工法
今まで施工ができなかった地下水の多い地盤やセメントの固まらない腐植土の地盤、六価クロムの出る火山灰の地盤でも、問題なく施工ができます。
9. 遺跡になる工法
セメントや鉄パイプのように劣化したり、錆びたりしない、永久地盤工法です。

カラッと地盤で快適な庭づくり
砕石を使用した有効な地盤の改善方法「カラット地盤」。お庭の水はけをよくして地盤を安定させます。
カラッと地盤の詳細はこちら>>

HySPEED工法の保証について

HySPEED工法は日本大手地盤保証会社の認定工法です。保証範囲は、20年間で最大5,000万円までとなっています。

地盤改良工事のよくある質問

Q. 地盤改良にはどのような工法がありますか?
A.地盤改良工事には、軟弱地盤の土とセメント系固化材を攪拌し、地盤の強度を上げる表層改良工法、地中にセメント系固化剤を注入し、地中に円柱状の改良体を形成する柱状改良工法、地中に鋼管による改良体を埋設する鋼管杭工法などがあります。しかしこれらの工法は近年、土壌汚染や温暖化の観点から大きな課題となっています。

Q. 不同沈下とは何ですか?
A. 不同沈下とは、軟弱地盤や不十分な埋め戻しによって地盤の一部は沈下し、地盤と共に住宅も沈下してしまう現象です。地盤が沈下することにより、住宅基礎部分に大きな負荷がかかり、亀裂やズレが生じます。ひどい状態になると、住宅の傾きにより居住者の健康にも害を及ぼします。ドアや窓が閉まりにくい、外壁・内壁のヒビなどを確認しましたら、一度調査をすることをおすすめします。

Q. 六価クロムはどのような害を及ぼすのですか?
A. 六価クロムはアスベストと並ぶ2大発ガン性物質です。この六価クロムは、セメント系改良材を使用して地盤改良工事をおこなった際に1/1000の確率で発生すると言われています。この六価クロムを体に吸収すると、鼻中隔穿孔、感作性皮膚炎、肺がんなどになる可能性があります。

お問い合わせフォーム